LSEアカデミアニュース No.48 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (1)

//LSEアカデミアニュース No.48 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (1)

LSEアカデミアニュース No.48 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (1)

1.パリ協定「2.0℃約束」遵守へのシナリオ パリ協定の約束は【今世紀末の気温上昇を産業革命以前より2.0℃、できれば1.5℃以下に抑制する】ことです。これを果たすため我が国は【CO2排出量を2030年度までに2013年度比で△26%、2050年度に△80%(できる限り0%)削減】する約束草案を国連に提出しています。2013年度のCO2排出量は~12億㌧ですので、2030年には~9億㌧、2050年には~2.5億㌧以下に削減しなければなりません。この削減目標は第4次エネルギー基本計画で【どんなエネルギー源で「CO2排出ゼロ+経済成長」が成立するか !】という国是の下、産業・業務・家庭・運輸・エネルギー転換の各部門で技術とコストの課題や国内外の環境施策動向を踏まえて具体的に積み上げた実現可能な数値なのです。

続きは会員ページより

By | 2019-08-08T14:41:34+00:00 8月 8th, 2019|ニュース|0 Comments

About the Author:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。