kanae

/kanae

About kanae

This author has not yet filled in any details.
So far kanae has created 124 blog entries.

【開催のご案内】 第 73 回「ESP推進分科会」定期セミナー

拝啓 霜寒の候、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 平素は、「ESP事業」に対し格別のご支援、ご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 さて、第73回「ESP推進分科会」定期セミナーを下記の通り開催いたします。新型コロナ ウイルスの不活性化が確認されている「オゾン発生装置」を設置して感染予防対策を徹底して行い、 安全に安心してご参加いただけるよう準備を進めております。ご多用の折とは存じますが、ぜひ ご参加頂きたくご案内申し上げます。

By | 2020-12-23T07:39:38+00:00 12月 23rd, 2020|ニュース|0 Comments

LSEアカデミアニュース No.67 新型コロナウイルス:知って行動を! (8) ~ ワクチン実用化:欧米ワープ・スピード作戦 ~

新型コロナウイルス COVID-19 感染者が中国武漢市で初 めて確認 (12/8) され、ちょうど 1 年です。この間、世界で の累積感染者は12/13 現在、7,200 万人、死亡は160 万人、 新規感染者は1 日60 万人、と衰える気配さえありません。 この中で一筋の光明が「ワクチン」の実用化。通常5 年以 上かかるのに何と「ワープ・スピード作戦」が功を奏し、ち ょうど1 年後に欧米で接種が始まったのです。 1.ワープ・スピード作戦 日本では宇宙戦艦ヤマトで知 られるようになったワープ・スピード(Warp Speed)は「超光 速(FTL: Faster Than Light)」のことです。アインシュタイ ンの不確定性原理を覆す超光速は有り得ない速度ですが、宇 宙空間を「歪める=Warp: ワープ」ことで宇宙船が光速を 超えて航行しているように見せることができる、というアイ ディアに基づいたサイエンス・フィクションから名付けられ ました。米国政府の切羽詰まった苦悩が伺われます。 続きは会員ページより

By | 2020-12-15T11:42:31+00:00 12月 15th, 2020|ニュース|0 Comments

LSEアカデミアニュース No.66 新型コロナウイルス:知って行動を! (7) ~ 収束へのアプローチ:日・瑞・中の対策モデル~

COVID-19 は社会経済活動の再開で欧米だけでなくアジア・日本でも再び猛威を振るい始め、低温度・高湿度の冬季を 迎えてさらなる感染拡大が懸念されています。感染収束への 対処策は国ごとに異なりますが、おおよそ日本・瑞国(スウ ェーデン)・中国の各対策が典型モデルと思われます。 1.日本モデル:ボヤの内に消火 「クラスター」は換気 の悪い空間に大勢が接近して会話をする状況下で感染飛沫 が飛び交うことで発生し、瞬く間に感染が広がっている状況 を指します。多くの感染者を放っておけば自由に動き回って 他の人々と接触して次々と感染させるので、PCR 検査で判 明した陽性者を直ちに強制隔離し、他への感染を断ち切りま す。いわば、クラスター対策は爆発感染という大火災になる 前にボヤの内に火を消してしまおう、というモデルです。 しかしながら、ボヤの失火源を消さなければ次々と飛び火 するので感染経路を逆に辿っていくのですが、COVID-19 の感染者のほとんどが無症状か軽症なので経路が途中で途 切れてしまうのです。SARS では感染者のほとんどが重症化 したので比較的容易に失火源まで辿り着けて封じ込めに成 功したのですが、今回はこれが困難となったため、「クラス ターを同じ感染源から5 人以上が感染している現象」と定義 して、各クラスターの「実効再生産数【すでに感染が広がっ ている状況下で1 人の感染者が平均して何人にうつすか、を 示す数値】」を1 以下に抑える対策を講じて連鎖を断ち切っ て消滅させる方針になったのです。しかし、経路不明が多発 してボヤがあちこちに飛び火して消火しきれない現状です が、「まだボヤで収まっている」成功例と言えそうです。 続きは会員ページより

By | 2020-11-19T11:44:57+00:00 11月 19th, 2020|ニュース|0 Comments

【開催のご案内】 第 72 回「ESP推進分科会」定期セミナー

拝啓 金風の候、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 平素は、「ESP事業」に対し格別のご支援、ご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 さて、第 72 回「ESP推進分科会」定期セミナーを下記の通り開催いたします。新型コロナ ウイルスの不活性化が確認されている「オゾン発生装置」を設置して感染予防対策を徹底して行い、 安全に安心してご参加いただけるよう準備を進めております。ご多用の折とは存じますが、ぜひ ご参加頂きたくご案内申し上げます。

By | 2020-10-23T13:24:34+00:00 10月 23rd, 2020|ニュース|0 Comments

LSEアカデミアニュース No.65 新型コロナウイルス:知って行動を! (6) ~ PCR 検査の「陽性」「陰性」の真実 ~

1.「感染していない」という証明はできない! とある相談記事にビックリしました。「風邪が治ったA さんは今までのように職場復帰したところ、会社からPCR 検査の『陰性証明書』の提出を求められたので、いくつかの医療機関に問い合わせたものの『そんな証明書はそもそも存在しない』と返答され、この旨を上司に告げたところ『退職勧奨通知書』を渡された。どうしたらいいのでしょうか?」の悩みです。 この背景には「PCR 検査で陰性と判定されれば100%完全に陰性(これを「真陰性」と呼ぶ)」と私たちが思い込んでしまう「常識」があります。しかし「この常識は非常識」なのです。実は「PCR 検査では感染していても陰性(偽陰性)、感染していなくても陽性(偽陽性)と判定されることがかなりある」、つまり「陰性でも真陰性と確定できない」という「検査の不確かさ」があるため「陰性証明書」は科学的に発行できないのです。これがPCR 検査の「常識」です。 続きは会員ページより

By | 2020-10-19T14:13:42+00:00 10月 19th, 2020|ニュース|0 Comments

LSEアカデミアニュース No.64 新型コロナウイルス:知って行動を! (5) ~ 検査の受検時機と判定結果の解釈 ~

PCR 検査を「無制限に拡大すべき」否「重症の恐れのあ る人に限るべき」との声があります。どちらが有効なのでし ょうか。今回はPCR 検査に関わる問題を考えてみます。 1.COVID-19 の検査方法 代表的なものが図1 のよう な「PCR 検査」「抗原検査」「抗体検査」です。その概要は (1) PCR 検査 COVID-19 固有の「遺伝子(RNA)」がある かどうかを調べる検査で、「今、感染しているか否か」を判 定します。鼻咽頭から採取した検体には固有の遺伝子がごく わずかしか含まれていないので検出できるまでポリメラー ゼ(PCR のPolymerase)という試薬を混ぜてRNA を連鎖反 応(Chain Reaction)させて増やすことからPCR 検査と呼び ます。検査には検体採取や培養に慣れた技術と検査機械およ び時間と費用を要しますが、感度も精度も良い検査です。 続きは会員ページより

By | 2020-10-19T11:16:40+00:00 9月 18th, 2020|ニュース|0 Comments