LSEアカデミアニュース No.49 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (2) ~ 太陽光(PV)と風力(WT):主力電源化への課題 ~

//LSEアカデミアニュース No.49 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (2) ~ 太陽光(PV)と風力(WT):主力電源化への課題 ~

LSEアカデミアニュース No.49 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (2) ~ 太陽光(PV)と風力(WT):主力電源化への課題 ~

1.主力電源の条件 3月に改訂した「エネルギー基本計画」には「再エネを最大限導入する」を「再エネの主力電源化を目指す」と明示しました。「パリ協定2.0℃約束」を果たすためには再エネを2030年には一次エネルギー国内供給の13%、電力部門の23%に高めると世界に宣言しました。電源23%の中味は水力9%、太陽光7%、バイオマス4%、風力2%、地熱1%。水力は従来の大規模水力がほとんどで、中小水力とバイオマスは小規模でほぼ開発済みで、地域との共生を図っています。したがって、太陽光(PV)と風力(WT)が主力電源化の焦点になります。主力電源化への条件は

(1) コスト競争力の強化 前号で既述しましたが、PVWTの発電コストは自然環境に強く依存するため地域変動幅が大きく、設備利用率の差が顕著です。年々漸減傾向にあるものの総じて大規模火力発電より高いのです。しかも、下図のように海外より未だ2.5倍ほど高い現状です。FIT(固定買取制度)→入札→自由競争(事業用で10/kWh、住宅用で20/kWhが目安)過程での自立化が急務です。

続きは会員ページより

By | 2019-08-08T14:42:55+00:00 8月 8th, 2019|ニュース|0 Comments

About the Author:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。