LSEアカデミアニュース No.53「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (6) ~ 原子力発電:世界経済の思い ~

//LSEアカデミアニュース No.53「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (6) ~ 原子力発電:世界経済の思い ~

LSEアカデミアニュース No.53「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (6) ~ 原子力発電:世界経済の思い ~

1.はじめに 温暖化対策としてIPCC は①省エネ、②再 エネ、③原子力、④CCS(CO2 回収貯蔵)の推進を訴えて います。ただ原子力は安全性に、CCS は実用性にリスクが あるものの技術革新による克服が可能としています。 本シリーズは温暖化緩和に威力を発揮する「再エネ」と「原 子力」の攻防について、前号までは「再エネ」中心でしたが、 本号からは「原子力」に注目していきます。 エネルギー、とくに電力に関わる私たちビジネスマンは 「再エネ」はもちろん、「原子力」についてもっとしっかり と理解した上で自らの考えをもつことが大切です。

2.原発443 基が世界で稼働中、なお拡大へ 2018 年現 在、世界で稼働中の原子力発電所は総計443 基(各国の保有 数は下図[ ]の数値)、31 ヵ国が保有し、その発電量は世界 総発電量~25 兆kWh の~12%に達します。仏国は全電源の 76%が原子力、50%以上が3 ヵ国、30%以上が10 ヵ国あり、 さらに~70基が建設中、~100 基が計画中、2050年には1,000 基超、と世界の原子力発電は新興国を主に拡大の一途です。

続きは会員ページより

By | 2019-10-28T11:19:19+00:00 10月 28th, 2019|ニュース|0 Comments

About the Author:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。