LSEアカデミアニュース No.54 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (7) ~ 2050 年 CO2 ▲80% 実現するシナリオは?~

//LSEアカデミアニュース No.54 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (7) ~ 2050 年 CO2 ▲80% 実現するシナリオは?~

LSEアカデミアニュース No.54 「パリ協定」遵守:再エネと原子力の攻防 (7) ~ 2050 年 CO2 ▲80% 実現するシナリオは?~

本稿は電力中研レポートY19501「2050 年のCO2 大規模 削減を実現するための経済およびエネルギー・電力需給の定 量分析」を基にCO2▲80%実現へのシナリオを考えます。

1.経済と省エネの進展条件 2050 年予測のポイントは 経済動向です。直下 20 年間の経済成長率【実質 GDP の年 変化率】は平均+0%後半であり、人口減少による減退を技術 革新による増進がやや上回る期待から①経済成長率+0.5% が継続するものと設定します。この条件下でのエネルギー需 要は省エネ率に依存するので、直下 20 年間のエネルギー消 費原単位【エネルギー消費量/国民総生産】の平均改善率 1.3%、すなわち②省エネ年率+1.3%が継続するとすれば、最 終エネルギー消費は基準年 2013 年より▲22%減の 11EJ (E=1018: エクサ)、電力需要は電化率が 34%に拡大することか ら1.1 兆kWh と見込まれ、ほぼ現状の電力需要です。

続きは会員ページより

By | 2019-12-10T11:39:36+00:00 12月 10th, 2019|ニュース|0 Comments

About the Author:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。