LSEアカデミアニュース No.69 CまOで2 排の「出重実量質別ゼ区ロ分(2燃05費0)規、制実」現への摸索(2) ~ 欧州 CO2 排出規制:過酷な削減目標と実現性 ~

1.大変革迫られる車の CO2 排出規制 パリ協定「2.0°C 約束」は持続可能な地球を次世代に引き渡すための私たち大 人が果たす責務を負った約束です。この第 1 ステップが 「2030 年までに 50%削減(1990 年比)」、第 2 ステップが 「2050 年までに 100%削減」。これを果たしてやっと「人為 起源の CO2 排出量=自然 CO2 吸収量」とバランスし、やが て今世紀末の気温上昇を産業革命以前より 2.0°Cに抑えるこ とができるのです。第一関門「▲50%」の期限はわずか 10 年後。政府は昨年末「2050 年カーボンニュートラルに伴う グリーン成長戦略」を策定中ですが、先行するのは「欧州グ リーンディール」。その具体的アクションプランの第 1 弾が 「欧州 CO2 排出規制」。これが全世界の自動車業界を震撼さ せたのです。なぜなら、この規制は自動車の技術概念を本質 的に変革しなければクリアできない「脱炭素動力」を求めて いるからです。「電動化」しか道はない、と言われています。 続きは会員ページにて

By |2021-02-18T13:50:47+09:002月 18th, 2021|ニュース|0 Comments
Go to Top