今年は「変」「動」「乱」?、やはり「育」! ~「快適と健康」も創出する省エネ設計士を ~

//今年は「変」「動」「乱」?、やはり「育」! ~「快適と健康」も創出する省エネ設計士を ~

今年は「変」「動」「乱」?、やはり「育」! ~「快適と健康」も創出する省エネ設計士を ~

昨年、日本の平均気温が平年を0.88℃、世界のそれは0.44℃、それぞれ上回り、いずれも統計開始以来過去最高、最悪を記録しました。産業革命以前より日本では1.8℃、世界では1.4℃も上昇し、加速傾向です。世論は温暖化による異常気象を最も恐れ、「パリ協定」に「期待する」声は70%を超えています。温暖化対策に消極的なトランプ米国新大統領への懸念の声は80%以上にも及びます。

何はともあれ「日本は着実にCO削減対策に推進すべき」なのです。これを高効率で具現化するのが「ESP省エネ事業」ですが、これが「三方良し」+「快適と健康」も創出してくれ〝so, happy !〟を味あわせてくれるのです。今年は、こんな「快適と健康、日常の充実感といった『心』の価値」が「『物』の価値」よりもっと大切だ、と実感できる「ESP事業」を推進、主導する「省エネルギー設計士」を「育」みます。皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

続きは会員ページにて

By | 2017-12-23T01:00:29+00:00 12月 23rd, 2017|ニュース|0 Comments

About the Author:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。